「日本では失明の原因の4位が強度近視だ。今後、世界の失明の多くは強度近視で起きると言われている」(坪田ラボの代表取締役社長で慶応大学医学部眼科学教授である坪田一男氏)――。ジンズホールディングス(JINS)は、慶応義塾大学発のベンチャーの坪田ラボと共同で、「近視進行抑制メガネ型医療機器」(管理医療機器クラスII)の承認申請を目指す。2019年8月7日、都内で記者会見を開催したJINS代表取締役CEOの田中仁氏は、「JINSは近視の無い未来を目指す。大きなチャレンジだ」と意気込んだ。

バイオレットライトと開発中のメガネ型医療機器のイメージ
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 近視進行抑制メガネ型医療機器は、近視を抑制する効果があるとされる「バイオレットライト」が照射されるものだ。バイオレットライトは、太陽光に含まれる360nmから400nmの波長の光。屋外で遊ぶ時間が短い子供は、バイオレットライトを浴びる時間が減るため、屋外での活動時間が長い子供と比較して近視が進行しやすいという。

 開発するメガネ型医療機器は、フレームの内側に照射ライトを搭載。屋外環境でのバイオレットライトの放射照度を再現して照射する。

開発中のメガネ型医療機器のイメージ
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 子供の時に近視になると、加齢とともに強度近視になるリスクが高まる。JINSは、近視が進行しやすい6歳から12歳の小学生を対象に近視を抑制するメガネ型の医療機器を開発する予定だ。2020年以降に承認申請のための治験を開始し、2022年以降に製造販売承認の取得を目指す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら