ネット通販「Amazon(アマゾン)」には、購入者が製品を5段階で評価しコメントを付ける「カスタマーレビュー」という仕組みがある。購入者の生の声が反映されるため、参考にしている利用者は多い。

 ところが、一部の製品を販売する出品者によって雇われたレビューアー、いわゆるサクラが、高い評価を付ける行為が急増している。これによって、評価を不当に高めている製品がある。

 こうしたサクラによる不正レビューを検知し、正当と思われる評価を表示するアプリやWebサービスがある。例えば、Androidスマートフォン向けアプリの「レビュー探偵」や、Webサービスの「ReviewMeta.com - Amazon Review Checker」などだ。ただ、レビュー探偵はAndroidスマートフォンがないと利用できないし、ReviewMeta.comは英語版しか提供されていない。

Amazonの不正レビューを検知する「ReviewMeta.com - Amazon Review Checker」
(出所:ReviewMeta.com)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこに2019年7月、不正レビューを検知する新しいWebサービス「サクラチェッカー」が登場した。「ユウ」というハンドル名の人物が開発した日本語版のサービスだ。ユウ氏への取材で得られた情報を基に、サクラチェッカーはどんなサービスなのか、不正レビューをどのように検知するのかを解説する。

Amazonの製品URLを入力するだけ

 サクラチェッカーは、Webブラウザーに「https://sakura-checker.jp/」と入力すれば利用できる。

Amazonの不正レビューを検知する日本語対応の「サクラチェッカー」(画像を一部修整)
(出所:サクラチェッカー)

 使い方は簡単。画面上部にある欄に、Amazonの製品ページのURLをコピー&ペーストして、欄の右側にある「Go」ボタンをクリックするだけだ。これで結果が表示される。

製品を検索したところ。検索した製品と同じジャンルで高評価の製品を表示する機能が2019年8月上旬に加わった(画像を一部修整)
(出所:サクラチェッカー)
[画像のクリックで拡大表示]

 結果には、正当な総合評価と、カスタマーレビュー全体に占める不正レビューの割合を示す「サクラ度」を表示する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら