NECパーソナルコンピュータは2019年8月5日、NECのパソコン「PC-8001」発売40年を記念した報道関係者向けイベントを開いた。開発担当者などが往時のエピソードやパソコンに込めた思い、今後のパソコン業界への期待などを語った。

 登壇者の1人である渡辺和也氏は当時NECのマイコン販売部長として、PC-8001の開発部門の責任者を務めていた。渡辺氏はPC-8001の前に到来していたマイコンブームを振り返った。同社は1976年、マイクロプロセッサーの販路拡大の一環としてマイコンのトレーニングキット「TK-80」を発売した。PC-8001発売の3年前だ。TK-80はヒットし「ビットイン」「NECマイコンショップ」といった販売店が全国に作られた経緯を紹介した。

NECのマイコン販売部長としてPC-8001の開発部門の責任者を務めていた渡辺和也氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「特にNECマイコンショップは販売店からの強い要望で創設された。開店希望が続々と寄せられ、各都道府県に1店舗としていた目標を軽々と超え200店舗になった」(渡辺氏)。当時市販されていた書籍『マイコン入門』は、松本清張の推理小説と並ぶベストセラーになっていたという。

 マイコンブームを作った大企業でありながらTK-80の上位機種を出さないのは社会悪だ――。ついにはこんな声まで寄せられるようになり、PC-8001の開発をスタートさせたという。「TK-80によりマイコンの普及啓発で競合他社に先行できたことが、PC-8001の成功につながった」(渡辺氏)。

1976年に発売された「TK-80」。パソコンではなくトレーニング用のマイコンキットだが、これがマイコン人気に火を付け後のPC-8001開発につながっていく
[画像のクリックで拡大表示]

 基本ソフトの選択もPC-8001の開発における大きなポイントだったと、渡辺氏は語る。当時の選択のポイントは(1)技術的に優れていることよりユーザーにとっての使いやすさを重視する(2)当時は基本ソフトをマスクROMに書き込んだ状態で出荷するため、使用実績がありバグ修正が進んでいることを重視する――というものだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら