米アンシス(ANSYS)技術担当ディレクターのラリー・ウイリアムズ(Larry Williams, Ph.D.)氏は、最近のシミュレーションの導入形態の動向について「シミュレーションで設計対象の性能を飛躍的に高めることも可能で、それには経営層やリーダーの意志が重要」などと述べた。「(従来のシミュレーションであれば)10%の性能向上はシミュレーション担当者や設計技術者にとって大きな成果だが、10倍の性能向上を狙う発想は現場だけでは限界があり、経営者や開発設計のリーダーの方針がしっかりしている必要がある」(同氏)とした。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら