ドイツ・ダイムラー(Daimler)と同ボッシュ(Bosch)は2019年7月23日、無人で走れる「レベル4」の自動駐車技術について、ドイツの関係当局から承認を受けたと発表した。レベル4に達する車両の承認は、「世界で初めて」(ダイムラーとボッシュ)。まずは駐車場という限定された空間で運用し、今後の公道におけるレベル4の実用化につなげたい考えである。

[画像のクリックで拡大表示]
(出所:ボッシュ)

 ドイツ・シュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ博物館の駐車場に設置した自動駐車技術について、バーデン・ヴュルテンベルク州の関係当局から承認を受けた。レベル4は米自動車技術会「J3016」の定義の1つで、限定地域内で無人運転できる水準に相当する。

 ダイムラーで自動運転技術の責任者を務めるMichael Hafner氏は、「世界中の駐車場の駐車サービスについて今後承認を受けるための重要な前例となる」と語った。

 承認を受けた自動駐車技術は、駐車場の所定の位置まで乗り入れて降車した後、スマートフォンの画面をタップすることで自動で車両が駐車スペースに入るもの。駐車を簡単にしてユーザーの利便性を高められる。将来は手動運転では難しい水準まで駐車時の車間距離を小さくし、敷地の利用効率を高められる利点も見込める。

[画像のクリックで拡大表示]
(出所:ボッシュ)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら