スウェーデン・ボルボ(Volvo)グループ傘下の商用車大手UDトラックスは、日本通運などと連携して、特定の条件下で運転者の関与無しに走れる自動運転水準「レベル4」相当の大型トラックを試験的に運用する。車両はダンプ仕様。北海道で片道約1.3kmの距離を往復し、砂糖の原料であるてん菜を積んで運ぶ。実証は2019年8月5~30日までの約1カ月間続ける。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら