「シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラになる」。2019年6月18日、米フェイスブック(Facebook)がデジタル通貨構想「Libra」を発表した。2020年前半にもブロックチェーンで稼働するLibraコインを基軸に国境をまたがる決済基盤を構築、運用を開始し、新たな“単一市場”の創出を狙う。

 照準を合わせるのは決済や送金にとどまらないとする見方もある。米アップル(Apple)や米グーグル(Google)が牛耳るアプリケーションプラットフォームの領域に割って入ろうという野心も見え隠れする。

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO
(写真:AP/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]

安定性重視の暗号通貨

 Japan Digital Design CTO(最高技術責任者)の楠正憲氏は「Libraは、ビットコインやイーサリアムが決済手段として欠けていたピースを埋めようとしている」との見方を示す。従来の暗号通貨と異なる複数の特徴を備えているからだ。

 まず、Libraコインが価値変動を抑えたステーブルコインである点。しかも米ドルなど単一の通貨とペッグ(連動)させる道は選ばず、複数の通貨や公債で構成する資産を後ろ盾にする。法定通貨以上に安定した価値を保とうともくろむ。

 フェイスブックが世界で約27億人という巨大なユーザー基盤を抱えている点も重要だ。決済手段を浸透させるために、新たに利用者を開拓する手間が省ける。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら