トヨタ自動車は2019年7月18日、2020年の東京五輪で使用する電気自動車(EV)「APM(Accessible People Mover)」を開発したと発表した(リリース)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
東京五輪で使用する低速EV「APM」
(撮影:日経Automotive)

 競技会場内のセキュリティーゲートから観客席までの数百mの屋外を往復する用途などを想定する。最高時速は19km/h。大会関係者や選手、高齢者、身体の不自由な人、妊婦、乳幼児を連れた人などを対象に「ラストワンマイル」の移動手段を提供する。ナンバーを取得でき、別の競技会場に車両を移動させることもできる。

APMについて説明したトヨタZEVファクトリーZEV B&D Labグループ長の谷中壯弘氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタが2020年に日本市場に投入する2人乗りの超小型EVのプラットフォームをベースに、ホイールベースを伸ばすなどの改良を加えて開発した(関連記事)。航続距離は超小型EVと同じ100kmである。「3人が乗車し、19km/hで走行した場合に100km走れる」(同社)。充電時間は200Vで5時間、100Vで15時間。

 電池は床下に配置し、後輪側に搭載した1台のモーターで駆動する。車両寸法は全長3940×全幅1620×全高2000mm。室内高は1620mm、開口高は1470mm。最小回転半径は4.8m。電池容量やモーター出力、車両質量は明らかにしていない。

 また、自動運転機能は搭載していない。「開発当初から手動運転を想定した」(同社)という。ただし、ペダルの踏み間違いによる誤発進抑制機能は搭載する方向である。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら