英ベントレー(Bentley Motors)は2019年7月10日、創立100周年を記念したコンセプトカー「Bentley EXP 100 GT」を発表した。2035年時点での高級グランドツアラーを想定したモデルは、ゼロエミッションのEVで手動運転可能な自動運転車になるという。

(写真:Bentley Motors)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2023年までに全ラインアップにハイブリッド車を導入する計画だが、今回のBentley EXP 100 GTは、ゼロから設計した完全電動化プラットフォームだという。この電動パワートレーンは四つのモーターを搭載し、0-100km加速2.5秒以下、最高速度300km、最大トルク1500Nmを発揮する。次世代型トラクションドライブ装置を採用し、最適なトルクベクタリングによってコーナーリング時の駆動力を50%アップして、各輪を最適制御する。2035年時点の電池として、Li空気2次電池を想定している。Li空気2次電池は、エネルギー密度が従来の5倍以上高く、1回の充電による航続距離は700kmとガソリン車と同等になり、15分で80%の急速充電に対応する。

(写真:Bentley Motors)
[画像のクリックで拡大表示]

 全長5800×全幅2400mmで、フロントピラーの下にある回転軸で上方に開くガルウィング風ドアを備える。ドアと一緒にルーフの一部も開くため、開口部が大きく乗り降りしやすい。ボディにはアルミニウム合金とCFRP(炭素繊維強化樹脂)を用いて軽量化した。ボディカラーの「コンパス」には、もみ殻の灰を利用して作った顔料を用いているという。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら