イスラエルの新興企業REEは、電気自動車(EV)基盤(プラットフォーム)を、2019年7月10日(現地時間)に米国サンノゼで開催した「TC Sessions: Mobility 2019」で明らかにした。モーターや減速機(ギアボックス)、サスペンション、ブレーキ、センサー、制御用ソフトウエアといった、EVが「走る・曲がる・止まる」ための主要な機能を車輪(ホイール)部に集約することで、簡素な構造を実現した。同社のEV基盤は、この車輪4つと車台からなる。外観が、板の下に車輪を付けたスケートボードに似ていることから、「skateboard platform」と呼ぶ。

モーターや減速機、サスペンション、ブレーキ、センサー、制御用ソフトウエアなどを車輪(ホイール)部に集約。REEのスライド(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
REEのEV基盤は、車輪4つと車台からなり、外観がスケートボードに似ていることから、「skateboard platform」と呼ぶ。REEのスライド(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら