「照明メーカーとしては “不良”として扱われていたもの」――パナソニック代表取締役社長の津賀一宏氏がそう評した製品が、いよいよ商品化される。「光の三原色」を利用し、白色光でありながら色とりどりの影を生み出すことができる照明器具「RGB_Light」だ。先行予約受付が2019年7月9日に始まった。

 パナソニックの100周年事業の1つで、アクセラレーションプログラムなどを担う「100BANCH」が支援し、製品化に至った第1弾の製品にあたる。製造・設計はパナソニックの子会社であるシフトールが担当する。販売者としてはプロジェクト単体のブランドを用意する予定だ。販売想定価格は15万円程度で、2019年内の販売開始を予定する(プレスリリース)。

照明器具「RGB_Light」
3色の影が投影される。写真左の人物が考案者の河野未彩氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 UFOを模したペンダントライト型の照明器具で、フルカラーLEDを3灯、距離を保って配置する。机から高さ70~80cmの高さに設置すると、机上の物体の影は3方向にできる。LEDの色を「赤」「緑」「青」のように割り当てると、全体としての光は白色になる。

 ただし、光源の位置にずれがあるため、例えば赤の光源によってできる影の部分には緑と青の光が直接当たっており、白色から赤だけが欠けた色(緑と青の光を混ぜた色)、すなわちシアンになる。ほかの色の場合も同様に光の混色の原理に従って影の色が決まるので、「シアン」「マゼンタ」「イエロー」の3色の影が3方向にのびる仕組みだ。

 操作用のスマホアプリを開発しており、全体の白色の色温度を変えられるほか、光量と合計色は一定にしたまま3灯の色相を変化させることができるため、様々な色の影を生み出せる。

影を通じて光の混色を体験できる
シンプルな光の三原色を使ったメカニズムを利用している(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
スマホアプリで操作可能
現在開発中の操作用アプリの画面。フルカラーLEDを利用し、3灯の色相を変えられる(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら