「長期的には売上高は1兆円になる」。DMG森精機代表取締役社長の森 雅彦氏は、同社のプライベートショー「伊賀イノベーションデー2019」(2019年7月9~13日)に併せて開催されたグローバルパーツセンタの開所式でこう述べ、売上高が現在の2倍に伸びるとの強気の見解を示した(図1、関連記事)。

図1 DMG森精機代表取締役社長の森 雅彦氏
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社グループの売上高は、2018年度に初めて5000億円を突破した。しかし、ここのところ中国の景気減退もあり業界全体として出荷台数は減っている。同社としては2019年は横ばいだが、「2020年の売上高は10~15%減る見込み」(同氏)という。それでも森氏が強気なのは、同社グループの世界14工場がフル稼働すれば年産1万5000台の生産能力が確保できるのに加え、平均単価が上がると見込んでいるからだ。

 単価押し上げの原動力の1つが、5軸加工機へのシフトと自動化だ。「5軸加工」「自動化」は、今年のイノベーションデーのテーマでもある。特に自動化については、「現在、出荷台数の2割程度は何らかの自動化設備が付帯している。2030年には8割程度まで高まるだろう」(森氏)と大きな期待を寄せる。

プログラミング以外はロボットで

 イノベーションデーでも自動化向けの新技術を幾つも披露していた。その1つが、自律走行型の搬送ロボット「WH-AGV5」だ(図2)。安川電機の協働ロボット「HC10」をカスタマイズしたものと、自律走行可能な無人搬送車(AGV)を組み合わせたもので、工場内の物流だけでなく、作業者に代わってワークの着脱、工具交換、ワークの計測などの作業の実行を狙う。AGVにはレーザーセンサーを搭載しており、周囲をマッピングして位置を推定。障害物や人を検出して回避しながら自律走行する。ロボットアームの先端には3Dビジョンカメラを備え、その画像情報から位置を補正してワークの取り扱いなど精緻な位置精度の要求される作業もこなせるとしている*1

図2 自律走行型のAGVと協働ロボットを組み合わせた「WH-AGV5」
安川電機の協働ロボットをカスタマイズして搭載した。ワークの着脱、工具交換、ワークの計測などの自動化を狙う。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 工作機械の脇に据え付ける固定的なロボットに比べてレイアウトの制約が少なく導入しやすいのが利点だ。工作機械とは光通信で制御情報などをやり取りする。既存の工作機械でも光通信機能と自動ドアユニットを付加するだけで連動させられるため、導入ハードルは低いとする。2020年夏頃の製品化を目指している。

*1 2018年11月に開催された「第29回日本国際工作機械見本市 JIMTOF 2018」では、「RV3」の名称で参考出展していた(関連記事

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら