「これは未来だ。子供の頃に映画で見た世界のようだ」。米Oculus VRが2019年5月21日に発売したスタンドアローン型VR(Virtual Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Oculus Quest」を初めて体験したHMD技術者は、ある機能で大いに興奮した様子を見せた。

米Oculus VRが発売したスタンドアローン型VR用ヘッドマウントディスプレー「Oculus Quest」
[画像のクリックで拡大表示]

 その機能「ガーディアン」は、周囲の物体にコントローラーなどをぶつけないように、あらかじめ設定したプレーエリアの境界付近で格子状の“柵”を表示して、それ以上外側に出ないように注意を促すための機能だ。

 Oculus Questでは、この柵を越えて外側に出ると、ゲーム画面から現実世界のビデオシースルー映像(白黒)にシームレスに切り替わる。まさに、VR世界と現実世界が融合したような体験が未来を感じさせるのだ。

懇切丁寧なチュートリアル

 広く普及させるには初心者でも分かりやすく使える必要がある。その点Oculus Questは、VR内の操作方法を教えるチュートリアルが丁寧に作られているのが特徴だ。VR体験の初心者がつまずくのは、VR内でのコントローラー操作である。チュートリアルでは、この操作方法を複数のミニゲームを通して学べる。

丁寧なチュートリアルで操作方法を体験
Oculus Questのチュートリアルアプリ「First Steps」では、複数のコンテンツをプレーすることで、一通りの操作方法を体験できる(a~c)。チュートリアル冒頭では、左右のコントローラーの3Dモデルを表示しながら、ボタンの位置と機能を教わる。その後、コントローラーは仮想の手として扱い、実際に机の上のブロックをつかんで動かしたり、紙飛行機を投げたり、卓球ラケットでボールを打ったりといった操作を体験できる(a)。3Dモデルのキャラクターの手を取ってダンスするチュートリアルでは、腕を動かすだけではなく、立ったりしゃがんだり、体を前後左右に動かしたりといった、全身を動かしながらの操作を体験できる(b)。ミニゲームのようなチュートリアルもある。片手用や両手用など3種類の銃が用意されたガンシューティングでは、好きな銃をコントローラーでつかんで持ち、左右の視野いっぱいまで表示される的を撃つミニゲームを通して、頭部の動きと視野の動きを確かめながら、ボタン操作や振動フィードバックなどを体験できる(c)。
[画像のクリックで拡大表示]

 チュートリアルでは、全身を動かして遊べることも教えてくれる。OculusQuestは、HMD本体とコントローラーの両方が「6DoF(Degrees ofFreedom)」に対応する。ヨー/ピッチ/ロールの3軸の回転に加えて、3方向(X軸とY軸、Z軸)の直線移動(の距離)を検出できる(追跡できる)ので、しゃがんだり上半身を反らしたりといった動作ができる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら