大林組は人工繊維のロックウールによる耐火被覆を鉄骨造(S造)の梁や柱に自動で吹き付けるロボットを開発した。稼働前にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)と連携した作業データを登録すると、建設現場内を自律走行して作業を行う。2.5t以上の工事用エレベーターに積載できるため、高層建物の建設にも対応可能。建設技能者と比較して吹き付け作業の効率を約3割高められる。2020年度の実用化を目指す。

大林組が開発した「耐火被覆吹付けロボット」。作業データをあらかじめ登録しておくと、自律走行して吹き付け作業と移動を繰り返す(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 走行装置と昇降装置、横行装置、産業用ロボットアームで構成する。2.3mの昇降と2.5mの横行が可能だ。階高5m、梁せい1.5mまでの梁部材と、床面から1.5m以上の柱に被覆を吹き付けられる。梁の材軸方向にロボットアームをスライドさせることで、移動せずに吹き付けられる最大幅を建設技能者の約2倍の3.8mとした。

H形の鉄骨梁でも、下フランジ、ウェブ、上フランジのすべての部位を吹き付けられる(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 1カ所での吹き付け幅を拡大したことで、S造建物で一般的な柱の間隔7.2mの場合、4回の移動で吹き付けを完了できる。高所作業車を使う従来の作業では6~8回の移動が必要で、安全確保のために一度昇降機を降ろしてから移動しなければならず時間がかかっていた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら