製造業に欠かせない「図面」。過去にためた膨大な図面データの検索が容易になりそうだ。

 きっかけの1つとなるのが、日立ソリューションズが2019年7月9日から販売する「類似図面検索AIソフトウェア」だ。大量の図面から類似度の高い図面を検索する新製品である。深層学習(ディープラーニング)を使って画像認識AI(人工知能)に製品や部品の図面データを学習させ、高速な検索を可能にした点が特徴だ。

100万件の図面を抱える企業も

 機械や精密機器を扱う組み立て型製造業は製品や部品など多くの図面を使う。「1日に100件単位で増えたり、100万件規模の図面を保有したりする企業もある」(日立ソリューションズの岡本光平社会イノベーションシステム事業部オートモティブソリューション部グループマネージャ)。図面はデータ化されるものの、それを種類ごとにカテゴリー分けするといった管理は「多くは属人化している」(同)。

 管理が行き届かないなか、過去の図面を検索する場面は少なくない。例えばある部品の価格を見積もる際は、過去に作成した形状や構造が類似する部品の図面を参考にするという。ある部品で不良が見つかった際は類似の部品でも同様の不良が生じていないかを調べる必要がある。

 従来は熟練者が経験や勘を頼りに膨大な図面データから必要な図面を探し出していたため、工数や時間がかかっていたという。今回の新ソフトを使うと、図面データを入力するだけで類似する図面データを自動で検索できるようになる。標準では6件の検索結果を表示するが、導入企業の要望に応じて増減できる。

「類似図面検索AIソフトウェア」の利用イメージ
(出所:日立ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら