ヤマハ発動機は2019年8月1日に、同社にとって初となる電池「交換式」のEV(電気自動車)スクーターを台湾で発売する(図1、2)。名称は「EC-05」。電池交換プラットフォーム(PF)で先行する台湾ベンチャーのゴゴロ(Gogoro)と組み、Gogoroが量産している車両をベースに、ヤマハ発が外装の車両デザインを変えて実現する。Gogoroからヤマハ発にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する形となり、電池交換式スクーターを世界展開する“本気度”はヤマハ発からはまだ見えてこない。

図1 ヤマハ発動機として初となる電池「交換式」EVスクーター「EC-05」
2019年8月1日に台湾で発売する。斜め前から。(出所:ヤマハ発動機)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 台湾GogoroがOEMでヤマハ発に供給する
ベースはGogoroの「S2」で、車両デザインをヤマハ発が担当した。横から。(出所:ヤマハ発動機)
[画像のクリックで拡大表示]

 EVへの補助金を考慮しない車両価格は9万9800台湾ドル(1台湾ドル=3.5円換算で約35万円)に設定し、年間2万台という販売目標を掲げる。ベースとしたのは、Gogoroが手がける排気量125cccクラスのEVスクーター「S2」だ。同じ車両を使ってのOEM供給のため、ヤマハ発のEC-05とGogoroのS2の性能はほぼ同じ。価格競争力では供給元であるGogoroのS2に軍配が上がり、ヤマハ発のEC-05に比べて1割以上安く販売しているようだ。そのため、台湾という限定的な市場でヤマハ発がGogoroに打ち勝つことは難しい。

注:最高出力は約7.5kWで、最大トルクは約26N・m。最高速度は90km/hである。加速性能を強みとしており、停止状態から50km/hまでの加速時間は3.9秒と、一般的な同クラスのガソリンスクーターに比べて0.8秒速いという。車両質量は電池パックを含んで約126kgだ。車両寸法は全長1880×全幅670×全高1180mmで、ホイールベースは1300mmである。乗車定員は2人としている。ヤマハ発が手がけるEVスクーターとしては5車種目となる。

 ヤマハ発が不利な立場でも電池交換式EVスクーターを手掛けたかったのは、利用者にとって大きく3つの利点が存在するからだ。(1)車両の非稼働時間を短縮して連続で使いやすいこと、(2)技術の進歩に合わせて電池を改良して載せ替えやすいこと、(3)1個の電池を多用途に使い回せるため、車両の価格を下げやすいこと――である

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら