LINEが「データとAI(人工知能)の会社」としての立ち位置を鮮明にしつつある。

 2019年6月27日、年次イベント「LINE CONFERENCE 2019」で「アプリの利用傾向データに基づく信用スコアリング」と「AI技術の外販サービス」を発表した。メッセージングからニュース、音楽、ゲーム、EC(電子商取引)、金融まで、同社のあらゆるサービスを両技術で束ねて、利用者1人ひとりに合ったサービス提供を目指す。戦略の成否は急増するサービスの品質維持と利用者の信頼獲得にかかっている。

 CMS(コンテンツ管理システム)の「LINE Mini app」、グループチャットの「OpenChat」、ニュース配信の「LINE NEWS」、テレビ放送の見どころ通知の「Replay Cast」、クリエーターによる動画配信「VISION」、クリエイターズスタンプの定額使い放題の「LINEスタンプ プレミアム」、限定の動画ライブ視聴「プレミアムチャンネル」、フリーミアムの音楽配信「ONE PLAY(仮)」、スマホ証券の「LINE証券」、現在地周辺のスポット検索「おでかけNOW」、テークアウトの「LINEポケオ」……。

 同イベントでLINEが発表したり披露したりしたサービスの一例だ。「いったい幾つ発表したのか」。記者からこう問われたほど、多数のサービスを打ち出した。

 数え切れないほどのサービスを擁してLINEは何を目指すのか。「24時間、生活を支えるライフインフラになりたい。朝起きてから夜寝るまで、生活の全てをサポートする」。代表取締役の慎ジュンホ氏はこう説明した。数年前から「生活に根ざした基盤サービスを目指す」としていたが、改めて強調した格好だ。

新経営ビジョンを発表する代表取締役の慎ジュンホ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 とは言え、サービスを乱発するだけで十分とは考えていない。「サービス全般に共通するコンセプトはパーソナライゼーション。国内8000万MAU(月間利用者)を固まりで捉えるのではなく、8000万通りの個性や人生があると考えて、きめ細かいサービス体験を作る」。出沢剛社長はこう強調した。

出沢剛社長は「個人に寄り添うテーラーメードのサービスを目指す」と強調した
[画像のクリックで拡大表示]

1000点満点でスコア算出

 パーソナライゼーションに向けてLINEが開発に取り組むのが信用スコアリング技術である。ローンや保険、シェアリングサービスなどを有利な条件で使えるようにするための技術だ。

 LINEは利用者の同意を得たうえでLINEアプリの利用・行動データを分析し、「一定のロジックで抽象化した傾向値」(出沢社長)などを基に得点を算出する。利用者同士がやり取りしたメッセージの中身やECで購入した商品の内容といった直接的なデータは使わない。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら