「スターバックスの店舗での待ち時間が長い、行列ができている。こんな顧客の声に応えたかった」――。スターバックス コーヒー ジャパンの森井久恵チーフマーケティングオフィサーは2019年6月25日、来店前にスマートフォンで注文と決済を済ませ、店舗では商品を受け取るだけにする新サービス「Mobile Order & Pay(モバイルオーダー&ペイ)」の発表会でこう語った。

スターバックス コーヒー ジャパンの森井久恵チーフマーケティングオフィサー
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年6月26日から都内のオフィス街を中心に56店舗で開始する。対象店舗でスムーズなオペレーションを確立し、2019年末に300店、2020年末には全国展開する計画だ。注文時には、商品やサイズだけでなく、「デカフェにする」「チョコチップを足す」など細かいカスタマイズも可能で、過去のカスタマイズ履歴を使った再注文もできる。

注文したコーヒーはMobile Order & Pay専用の場所に置かれる
[画像のクリックで拡大表示]

スシローは「自動土産ロッカー」導入

 同社だけではない。2019年に入り、外食業界でこうした「事前注文・決済」の仕組みを導入する企業が相次いでいる。

 回転ずしチェーン「スシロー」を運営するあきんどスシローは同日、持ち帰りずし向けに新サービス「自動土産ロッカー」を導入すると発表した。スマホアプリやWebサイトで事前注文した持ち帰りずしを、店舗の冷蔵ボックスにQRコードをかざせば店員とのやりとりなしに持ち帰れるサービスだ。まずスシロー伊丹荒牧店で2019年6月26日から導入し、効果を見ながら店舗を増やす計画である。

スシローが導入した冷蔵ボックス「自動土産ロッカー」
(出所:あきんどスシロー)
[画像のクリックで拡大表示]

 松屋フーズも2019年6月18日から牛丼チェーンの「松屋」など全国約1100店舗で事前注文・決済をできるようにした。使うのはLINEが提供する「LINEポケオ」というサービスだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら