ドイツBMWの日本法人は2019年6月24日、高級セダン「7シリーズ」を部分改良し、販売を開始した(図1、図2)。従来のモデルで採用していたステレオカメラを3眼カメラに変更したのが特徴だ。より安全で高精度な運転が可能になる。

図1 新型7シリーズの最上位モデル「M760Li xDrive」のフロントビュー
グリルを従来に比べて40%拡大。デザインを刷新した。新型のラインアップは搭載するエンジンの使用やボディーサイズなどで複数ある。価格は、ベースモデルの「740i Standard」が1090万円。ラグジュアリータイプのベースモデルに当たる「740Li Excellence」が1674万円。最も高いのは「M760Li xDrive V12 Excellence」で2523万円。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 新型7シリーズの最上位モデル「M760Li xDrive」のリアビュー
ボディーサイズは、ベースモデルの場合で、全長5125×全幅1900×全高1480mm。ホイールベースは3070mm。旧モデルと比べて全長が約15mm増えた程度で、大きさはほとんど変わらない。ラグジュアリータイプと位置付けるモデルは、ホイールベースが3210mmと140mm長い。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型で採用した3眼カメラは、既に3シリーズが採用しているものと同様に、3種類のカメラで近距離(20m程度)、中距離(120m程度)、長距離(300m程度)の撮影を分担する仕組みだ。従来の7シリーズで採用していたカメラは近距離と中距離を撮影するステレオカメラだったことから、従来よりも遠い範囲を撮影し、状況を分析する能力が加わったことになる。

 把握可能な距離が延びたことで、同社が「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」と呼ぶ運転支援機能の性能が向上したと、BMW日本法人でBMWブランド・マネジメント・ディビジョン プロダクト・マーケティングのプロダクト・マネージャーの御舘康成氏は述べる。

 エグゼクティブ・ドライブ・プロの機能は、車両が走行している際の車線を維持する機能に加え、車両姿勢の傾き(ロール)を制御する機能を組み合わせたものだ。3眼カメラで認識した路面状況を処理して、路面の凹凸やカーブの緩急などを解析。車線の中央を車両が走行するように操舵(そうだ)を支援したり、電子制御サスペンションを調節して車両の姿勢を安定したりする。

 新型では、長距離を撮影するカメラが増えたことから、特にカーブにおける運転支援でより高精度な制御が可能になった。例えば、中距離では緩やかなカーブだが、その先に急なカーブが続くような場合だ。従来のステレオカメラでは急カーブを認識するのが遅くなり、操舵や姿勢制御がぎこちなくなりがちだった。

 他方、新型の3眼カメラの場合は、緩やかなカーブの先に急なカーブがあることを従来よりも早い段階で認識できる。そのため、急なカーブを見越した、より自然な車両の車線維持や姿勢制御を行える。

 「BMWの車を購入する顧客は、カーブを走行する際の走行ラインを気にするような人も少なくない。新型車の場合は、運転者がより違和感を感じないラインを取れる」と御舘氏は述べた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら