SCIVAX(サイヴァクス、本社川崎市)は1000lx(ルクス)以上で500mm離れたところを照らし、かつ照射範囲である直径800mmの円内のどこを取っても照度を一定にできる照明ユニット「Gyockt Unit」を発売すると発表した。2019年末から、製造業での画像処理による検査や目視検査といった用途のOEM向けに供給する。画像処理時の照度補正を軽減でき、処理スピードを向上できるとしている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら