配車サービス大手の米Uber Technologies(ウーバーテクノロジーズ)は、同社が主催するイベント「Uber Elevate Summit 2019(3rd Annual Elevate Summit)」(2019年6月11~12日)で、2023年の開始を目指す空の移動サービス「Uber Air」に用いる機体の各種目標を明らかにした。Uber Airに用いるのは、電動の垂直離着陸(eVTOL)機、いわゆる「空飛ぶクルマ」である。同社は新しい参照(リファレンス)機「eCRM(eVTOL Common Reference Models)-004」を引き合いに出しつつ、Uber Airの機体で目標とする速度や航続距離、騒音水準、コスト、安全水準などを明らかにした。

「eCRM-004」のモックアップ(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら