2019年3月10日、アディスアベバ発ナイロビ行きのエチオピア航空ET302便(ボーイング737MAX-8)が墜落した。2018年にも、インドネシアで同国のライオンエアが運航する同型機の墜落事故が起きている。2件の墜落事故を受けて、「737MAX」の全世界での運航停止・納入中断という事態に発展した。

 2 件の事故は経緯がよく似ている。「ボーイング(Boeing)737」旅客機の最新シリーズ「737MAX」で導入されたMCAS(Maneuvering Characteristics Augmentation System、操縦性補正システム)が事故原因に関係するのでは、と1件目の墜落事故の直後から取り沙汰されていた()。

表 ボーイング737MAXの2件の墜落事故と前後の出来事
AoAセンサーに関する情報は、1件目の事故のあと、2018年11月には出ていた。(日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 737MAXは、胴体長の違いから「737MAX-7」「同-8」「同-9」の3モデルがある。従来の「NG(ネクストジェネレーション)シリーズ(737-600、同-700、同-800、同-900)」と比較したときの最大の差異は、燃費性能を改善した新エンジン、米CFMインターナショナル製「LEAP-1B」の搭載にある。

 LEAP-1Bは従来のエンジンよりも直径が大きいため、主翼に取り付けたエンジンと地面の間隔を十分に確保するべく、エンジン取り付け位置を上方・前方に移動させた(図1)。その結果、空力的な理由により、飛行中に機首が上がりやすい傾向が強まった。

図1 エンジン搭載位置の変化
737MAXは従来の737に比べて、大径の新型エンジンを上方かつ前方に搭載し ている。空力的に機首上げ傾向が強まったとされる。(日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら