楽天と西友は2019年6月17日、ドローンを使った離島向けの配送サービスを始めると発表した。離島を訪れた観光客に、ドローンを活用して西友の商品を届ける。ドローンの商用利用は海外が先行する。楽天は主力のEC(電子商取引)事業と相乗効果を見込めるドローンで飛躍する第一歩にできるか。

 「夢のようなショッピング体験を提供できる」。2019年6月17日、神奈川県横須賀市内にある「西友 リヴィンよこすか店」の屋上駐車場で記者会見に臨んだ楽天の安藤公二常務執行役員はこう力を込めた。

 楽天と西友は2019年7月4日から約3カ月間、東京湾で唯一の離島である猿島でドローンを使った配送サービスを実施する。週3日、1日最大8回の配送を想定する。ドローンの最大積載量は5キログラム。雨が降っていたり風速が毎秒10メートルを超えたりした場合はドローンの運用をやめる。配送料は税込み500円だ。

東京湾で唯一の離島である猿島に着陸するドローン
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者として想定するのは猿島を訪れてバーベキューを楽しむ人たちだ。専用アプリで注文を受け付け、対岸にある「西友 リヴィンよこすか店」から食材や飲料など約400品目を届ける。

 利用者は専用アプリを起動して楽天IDでログインし、欲しい商品や受け取りの時間を選んだうえで、楽天ペイで決済する。配送状況はアプリでリアルタイムに確認できて、商品が届くとプッシュ通知がくる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら