スズキは、軽自動車の自動ブレーキを夜間の歩行者に対応させた。同ブレーキを装備する軽商用車「エブリイ」と軽乗用車「エブリイワゴン」の部分改良車を、2019年6月17日に発売した(図1)。

図1 軽商用車「エブリイ」の部分改良車
(出所:スズキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は既に小型車「ソリオ」の自動ブレーキを、夜間の歩行者に対応させている。軽自動車では、今回の部分改良車が初めてになる(図2)。

図2 軽乗用車「エブリイワゴン」の部分改良車
(出所:スズキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、軽自動車では既に、ホンダの商用バン「N-VAN」の自動ブレーキが夜間歩行者に対応している。今回のスズキの部分改良車は、N-VANに続く事例となる。

 自動ブレーキを夜間歩行者に対応させるためスズキは、日立オートモティブシステムズの新型ステレオカメラを採用した。ソリオに搭載しているカメラと同じものである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら