米AMD(Advanced Micro Devices)は、ゲームの祭典「E3 2019:2019 Electronic Entertainment Expo」(6月11日~13日)の前日(6月10日)にプライベートイベント「Next Horizon Gaming」開催した。同社の社長兼CEOのLisa Su氏が登壇し、ゲーム機向けの最新GPUカードと、新たなMPUを発表した(ニュースリリース)。

50周年記念モデルの「RadeAMD Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary」を掲げるSu氏。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 最新GPUカードは「Radeon RX 5700シリーズ」で、E3の2週間前に開催の「COMPUTEX TAIPEI 2019」においてSu氏がプレービューした製品である(関連記事)。「NAVI」という開発コード名で知られていたGPUチップを搭載する。NAVIのアーキテクチャーは新たな「RDNA(Radeon DNA)」である。以前のGCN(Graphics Core Next)アーキテクチャーに比べて、クロック当たりの性能が1.25倍、1W当たりの性能が1.5倍になったとする。GPUチップは、台湾TSMCの7nmプロセスで製造される。

Radeon RX 5700の構造。AMDのイメージ
Radeon RX 5700の構造。AMDのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 RX 5700シリーズはメモリーとして、実行速度が14Gビット/秒のGDDR6型DRAMを8Gバイト搭載する。最大バンド幅は448Gバイト/秒である。このほか、新機能として、性能への副作用を最小に抑えつつ画像を鮮明にするという「RIS:Radeon Image Sharpening」や、eスポーツなどで操作と表示のタイムラグを最小に抑えるという「Radeon Anti-Lag」などを搭載する。また、新製品は、VESAのDisplayPort 1.4で定義されたDSC(Display Stream Compression)に対応する初の市販製品になる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら