シャープは2019年6月11日、報道関係者と証券アナリストに向けた事業方針説明会を開催した。説明会では、同社の経営再建に一区切りがついたことを示し、今後の成長に向けた投資やM&Aは親会社である台湾・鴻海精密工業(鴻海)に頼らず、「シャープの自己資本で実践したい」(代表取締役会長 兼 社長の戴正呉氏)と話した。

 技術戦略では、以前から掲げていた「8K」と「AIoT」の2つに「5G」を加えた。特に5Gについては、「日本での5G対応ハンドセット(携帯電話機)で先陣を切りたい」(取締役副社長の石田佳久氏)とした。

 今後の成長に向けては、B to B事業の強化を打ち出した。「コンシューマー向けのB to C事業は絶対やめることはないが、ハードウエアの付加価値は確実に下がっていく。現在、商品(完成品)事業全体でB to Bの売上比率は35%だが、これを50%にする」(石田氏)との目標を掲げた。達成時期については「早ければ早いほど良い」(戴氏)とした。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら