トヨタ自動車は2019年6月7日、現在の電動化計画を5年前倒しすると発表した。同日に東京都内で開催した電動化に関する説明会で、同社副社長の寺師茂樹氏が明かした(図1)。

図1 トヨタ自動車副社長の寺師茂樹氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタが2017年12月に発表した電動化計画では、世界で販売する車両の約50%(約550万台)を、2030年までに電動車両にするとしていた。その内訳はハイブリッド車(HEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)の合計が約450万台、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の合計が約100万台である。

 こうした計画を5年前倒しして、2025年の実現を目指す。「2017年時点の予想を上回るペースで、中国や欧州など世界で電動化が進展している。計画を前倒しして、こうした動きに対応する」と寺師氏はいう。

 計画の実現に向けてトヨタは今後、新たな取り組みを進める。(1)世界で販売するEVに専用の開発手法を適用し、開発・生産効率を高める、(2)高効率で長寿命のリチウムイオン電池を、世界規模で安定的に調達する体制を作る、(3)日本市場に超小型EVを投入する──の3つである。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら