ダイハツ工業は2019年6月6日、新たな車両開発手法「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を、同年7月に発売する新型軽自動車「タント」に初適用すると発表した(図1)。

図1 DNGAを初適用する新型「タント」
(出所:ダイハツ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年内に、第二弾のDNGA適用車を発売する。さらに2025年までに、世界で販売する21車種に展開する予定である。

 DNGAでは、パワートレーンを含むプラットフォームの構成要素を全て刷新した。軽自動車から小型車(A/Bセグメント車)までクルマ造りの考え方を共通にした「一括企画開発」を採用。この考え方はマツダの車両開発手法「一括企画」に似る。

 またDNGAでは、エンジンやサスペンションの取り付け位置、ボディー骨格の構成、着座位置などの「共通領域」と、車種ごとに変える「変動領域」に分ける。こうした考え方は、トヨタ自動車の「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に近い(図2)。

図2 DNGAに基づく新プラットフォーム
(出所:ダイハツ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 新たな開発手法の適用によってダイハツは、軽自動車と小型車それぞれの部品の共用化率を75%超に高める。開発・生産コストを抑えながら、世界で販売する多種多様な車両を効率的に造れるようにする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら