楽天グループの楽天ペイメントとJR東日本は2019年6月5日、キャッシュレス決済事業で提携すると発表した。2020年春をメドに楽天ペイのスマホアプリ内でSuicaを発行し、鉄道の改札や店舗でスマホをかざして決済できるようにする。楽天ペイに登録したクレジットカードでSuicaにチャージできるほか、チャージ額に応じて楽天スーパーポイントをためられる。EC分野と電子マネー分野でそれぞれ最大規模の両社がタッグを組むことで、キャッシュレス決済市場の競合を突き放す考えだ。

キャッシュレス決済事業での提携を発表した楽天ペイメントとJR東日本
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天ペイメントの中村晃一社長は「JR東は最高のパートナー。初めて他社のサービスと連携する。今回の協業により、お客様はワンストップでお得にSuicaを利用できる」とメリットを強調した。今後は楽天スーパーポイントとJR東日本のJREポイントの連携の可能性についても検討するとした。

 ネット企業や通信事業者、金融機関などが参入し、スマホ決済サービスは乱立気味だ。楽天とJR東が始める新サービスの利用者にとっての利点は、「(同一のアプリを)買い物だけでなく鉄道でも使えるようになる」(楽天ペイメントの中村社長)ことにある。楽天ペイのアプリに利用登録すれば、店頭での買い物はもちろん鉄道やバス、タクシーでも使える。日常的に使うことの多い交通機関での支払いに利用できれば、利用者にとってはスマホ決済がより身近になる可能性がある。

 チャージや利用登録の手間が少ないことも利点だ。利用金額をチャージするために券売機へ並ぶ必要がないうえ、楽天側へ事前に会員登録してあれば簡単な登録だけでスマホでSuicaが使えるようになる。

スマホ向けSuicaの勢力拡大図る

 JR東日本が楽天と組む最大の狙いは、物理的なICカードを持たない、スマホをかざして使うSuicaユーザーの勢力拡大にある。Suica発行枚数は6942万枚(2018年3月時点)に上るが、スマホなどを利用したモバイルを介したSuica会員数は554万人(同)にとどまる。2016年10月にiPhoneにモバイルSuicaを搭載できるようになったことで大きく伸びたが、それでも全体の1割に満たない。

 1億の会員数を誇り、モバイルアプリを使い慣れたユーザー基盤を持つ楽天と組むことで、JR東日本はスマホで使えるSuicaのユーザーを拡大する機会が増える。「チャージがスマホ上で完結し、簡単になるので利用頻度や金額が上がる。駅の改札の混雑緩和にもつながる」(JR東日本の野口忍常務執行役員)。利用金額が上がれば、JR東日本は店舗などから受け取る決済手数料収入の増加が見込める。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら