日経 xTECH有料会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です

 2019年4月3日、韓国で世界初のスマートフォン向け5G(第5世代移動通信システム)サービスが始まった。5月23日時点で通信キャリア3社の5G加入件数は60万件を突破した。6月末には100万件を突破する見込みである。韓国サムスン電子(Samsung Electronics)の発表によると、4月23日時点で、同社のスマートフォン「Galaxy S10」シリーズの販売台数は韓国だけで100万台を超え、そのうち5Gに向けた「Galaxy S10 5G」は23万台を占めた。

絶好調の「Galaxy S10 5G」
産業用途や自動運転などに注目が集まる5Gサービスだが、韓国では一般ユーザーを対象とするスマートフォン向けサービスが人気。対応端末であるサムスン電子のGalaxy S10 5Gも絶好調だ(写真:Samsung Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]

5Gの好調、その理由は?

 韓国内での5Gのサービス提供範囲は、現時点では首都圏と大都市中心である。そのため、5G加入件数は伸び悩むのではないかと思われていたが、予想を裏切った。要因はいくつか考えられる。通信キャリア間の競争により5Gの料金プランがLTEとそれほど変わらないことに加えて、野球中継やeスポーツ中継、アイドルの360度高画質VRストリーミング番組など、5G加入者だけが利用できる目玉コンテンツが話題になった。さらに、Galaxy S10 5Gに続いて韓国LG電子(LG Electronics)の5G向けスマートフォン「LG V50 ThinQ」が登場し、サムスン電子とLG電子の間で割引と特典の競争が始まったことなどが後押しし、加入件数が急増したものとみられる。

 メーカーと通信キャリアによる販促キャンペーンには、かなり力が入っている。例えば、サムスン電子は同社の対応スマートフォンをセットするタイプのヘッドマウントディスプレー(HMD)「Galaxy Gear VR」、ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」などの周辺機器をプレゼントする。一方、LG電子はスマートフォンを2画面化できる補助ディスプレー付きカバーと、1年間1回までのディスプレー破損無償修理を提供する。

 通信キャリア3社は、2年以上の長期契約を結ぶユーザーに、端末購入補助金または約定割引(毎月料金25%割引)を提供する。通常の端末購入補助金は3~4万円程度だが、5Gではシェア獲得競争が勃発したおかげで、最も高い“使い放題プラン”(約1万3000円)を2年契約した場合、約7.8万円の端末購入補助金がもらえる。約14万円のGalaxy S10 5Gを半額以下で買えることになる。しかも、通信キャリアとは別に販売代理店が端末購入補助金の15%以内の金額を追加支援金として出すことができるので、交渉次第でさらに安くなる。

 こうした、LTEのままスマートフォンを買い替えるより5G新規加入の方が“断然お得になる”という事情もあり、5G加入件数は右肩上がりで増え、Galaxy S10 5Gの販売台数も伸び続けているというわけだ。