ドイツ・ダイムラー(Daimler)は2019年5月20日、自動運転車に対応した次世代の安全機能を搭載した実験車「ESF 2019(Experimental Safety Vehicle)」を発表した。ESF 2019は、プラグインハイブリッドで自動運転機能を搭載した「Mercedes-Benz GLE」をベース車両とし、未来のモビリティーにふさわしい多数の安全機能を搭載した実験車である。

 将来、自動運転車が普及すれば、クルマの安全に対する要求が大きく変化する。例えば自動運転車では、乗員の着座位置が前後席の対面型に変わることが予測され、現在とは異なる方式の乗員保護機能が必要になる。また、道路利用者がドライバーとアイコンタクトできないため、道路利用者はクルマの動きを直感的に予測することができない。ESF 2019は、こうした次世代自動車に特有の問題を解決する新しい安全機能を多数搭載した。

 ここで紹介する多数の新機能はいずれも実験的意味合いが強いが、中にはすぐにでも量産車に採用できるものもあり、興味深い。

多数の安全機能を搭載した実験車「ESF 2019」
(写真:Daimler)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら