デロイトトーマツグループは2019年5月24日、最新のデジタル技術のトレンドをまとめた「Tech Trends 2019 日本版」の説明会を開いた。今後のビジネスを変革する技術について同社がグローバルでまとめた「Tech Trends」に、日本の動向や日本企業への影響を加えて解説したもの。日本版は2015年から5回目の発刊となる。

日本の遅れ、さらに広がる

 「日本企業のデジタル化の取り組みはグローバルの潮流とはスピード感が異なる。昨年、この場で海外と比べてだいぶ後れを取っていると話したが、今回さらに離された印象だ」。説明会に登壇した同社の安井望CTO(最高技術責任者)はこう指摘し、日本企業がデジタル活用で遅れている現状を訴えた。

デロイトトーマツグループの安井望執行役員パートナー
[画像のクリックで拡大表示]

 安井CTOは企業の戦略を左右する重要技術として9つの技術を示し、それらがどう活用されるかを「過去」「現在」「未来」に分けて紹介した。中でも「アナリティクス」「クラウド」「デジタルエクスペリエンス」が「3本柱」であるとし、「今後デジタルを使い経営を変革していくには必ず必要な技術。企業はこれらの技術がどう進化していくかを常に把握しておかなければならない」と説明した。

企業の戦略を左右するという9つの重要テクノロジー
(出所:デロイトトーマツグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティー技術などを指す「リスク」については、個々の技術よりも「現在はコンプライアンスに注目が集まっている」とした。AI(人工知能)や自動化が実用化されたことで、使いこなすための倫理観や、AIの振る舞いについて企業がどう責任を負うかという点に関心が集まっているという。「経営者は今後、技術だけでなくコンプライアンスについても強く意識しなければいけない段階に入っている」と訴えた。

 ブロックチェーンについては日本の技術者不足を指摘した。グローバルでは業種を問わず基礎技術として使われているが、日本は金融機関など一部での活用にとどまっており、「今後も活用が進むのは先になるだろう」と述べた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら