三菱ふそうトラック・バスは2019年5月22日、同社の川崎工場で進めているスマート工場化の取り組み「ファクトリー・オブ・ザ・フューチャー」の内容について発表した。ロボットによる自動化やIoTを活用した情報の一元化・見える化などを推進。併せて工場で働く従業員の教育を進め、従業員からの意見やアイデアを反映して、全員参加での工場改革を目指す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら