希少疾患患者の創薬研究への参加を促すプログラム開始、東大ITヘルスケア講座

3Hホールディングスと共同研究

2019/05/23 05:00
高橋 厚妃=日経 xTECH/日経デジタルヘルス

 東京大学と、医薬品の臨床開発の支援事業などを手掛ける3Hホールディングス(旧クロエグループ)は、新規の共同研究である「患者中心主義に基づく希少疾患研究開発プログラム(Patient Centricity in Rare Disease R&D Program:PCRD2)」を2019年6月に開始する。患者自身による医療情報の管理と利活用に基づく医薬品などの開発を推進することを目的に、東京大学大学院薬学系研究科ITヘルスケア社会連携講座で実施する。

患者中心主義に基づく希少疾患研究開発プログラム
(出所:東京大学と3Hホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 希少疾患や難病の領域では、有効な医薬品が開発されていないケースが多いことに加え、明確な診断方法が確立されていない場合もある。一方で、製薬やベンチャー企業の研究者は、患者の血液などのサンプルや健康情報を収集して創薬研究に利活用するのは難しい状況にある。

 そこで東京大学と3Hホールディングスは、希少疾患患者や診断がつかない患者と、製薬やベンチャー企業をマッチングさせるシステムを構築する。具体的には、患者から、医薬品や診断薬などを開発する研究に対する要望をアンケート調査し、その結果を企業の研究者と共有する。逆に研究者からも、研究の目的と期待される結果を患者に説明してもらい、双方の了解が得られた場合に限り、患者の医療情報やサンプルが提供される。研究者は、それに対応する研究結果を患者に通知する。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング