日産自動車は、2019年秋に発売予定の新型「スカイライン」に、同社の先進運転支援システム(ADAS)「プロパイロット」の進化版「プロパイロット2.0」を搭載する(図1)。同2.0では、高速道路上での、同一車線内の手放し(ハンズオフ)とナビゲーションに連動した車線変更や追い越しの支援が可能になる(図2)。

図1 報道陣にプロパイロット2.0について説明する日産副社長の中畔邦雄氏
図1 報道陣にプロパイロット2.0について説明する日産副社長の中畔邦雄氏
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 プロパイロット2.0では高速道路の同一車線内ではステアリングホイールから手を放すことが可能になった
図2 プロパイロット2.0では高速道路の同一車線内ではステアリングホイールから手を放すことが可能になった
手放し機能は、運転者が前方を注視している場合に有効になる。(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 ナビゲーションに連動した車線変更や追い越しの支援とは、前方に遅い車両が存在するときや、ナビゲーションに設定した目的地に向かうために車線変更が必要なときに使うものである。高速道路限定の機能だが、システム側が車線変更するかどうかを問いかけてきて、それに対して運転者がステアリングホイールを握り、承認ボタンを押すと、システム側が自動でターンシグナルを点滅させ車線変更を実施する(図3)。ただし、あくまでも安全確認の責任は運転者側にある(図4)。同社は、同機能を「ナビゲーション連動ルート走行機能」と呼んでいる。

図3 車線変更するかどうかの問いかけの例
図3 車線変更するかどうかの問いかけの例
前方に遅いクルマが存在するときの例。折れ線の矢印のアイコンが承認ボタンの目印。(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 承認ボタンを押すと、ステアリングホイールを握りながら安全確認を実行するように促される
図4 承認ボタンを押すと、ステアリングホイールを握りながら安全確認を実行するように促される
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 この機能を使うには、あらかじめナビゲーションに目的地を設定し、ルートを指定しておく必要がある。そうしておくと、一般道では運転者が自ら運転を行う必要があるが、高速道路に乗るとこの機能が使えるようになる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら