ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)は、電圧を48Vに高めた簡易ハイブリッド車(HEV)機構を主力のエンジン車に広く採用していく方針を示した。従来の12V機構に比べてCO2排出量を1割弱ほど減らし、環境規制への対応を目指す。VWの大量採用で48V対応部品のコストが下がり、世界で採用が広がる契機になる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
簡易ハイブリッド機構を搭載したVWの1.5Lガソリンエンジン(撮影:日経 xTECH)

 2019年5月16~17日にオーストリアで開催されたパワートレーンの国際会議「第40回ウィーン・モーター・シンポジウム(40th International Vienna Motor Symposium)」で、2020年に発売するとされる次期「ゴルフ」のパワートレーンについて明かした。1.5Lガソリンエンジンに48V対応のベルト式スターター兼発電機(BSG)を採用し、簡易HEVにする。

 1.5Lエンジンへの搭載にとどまらず、小型車用の1.0Lガソリンエンジンや2.0Lディーゼルエンジンにも採用する。VWグループの中小型車用プラットフォーム「MQB」の搭載車のほとんど全てに、48V対応部品の採用を広げる考えである。

 VWグループのアウディ(Audi)が、次期ゴルフに先がけて高級車に48V対応部品を採用していた。最量販車のゴルフに採用することで規模を大きく広げ、「48V電源の大衆化を進める」(VWで電動化技術を担当するMichael Zillmer氏)。

[画像のクリックで拡大表示]
オーストリアのウィーンで開催された国際会議「40th International Vienna Motor Symposium」。ドイツの主要自動車メーカーを中心に最新のパワートレーン技術を発表する。(撮影:日経 xTECH)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら