米グーグル(Google)は2019年5月14日、パブリッククラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」の提供拠点である「大阪GCPリージョン」の正式運用を始めた。日本国内では2016年に開設した「東京GCPリージョン」に続く2カ所目だ。関西を地盤とする日本企業や、大規模災害発生時などでのBCP(事業継続計画)を強化したい企業への訴求を強める。

待望の大阪拠点、アサヒやKCCSが早くも採用意向

 「日本の多くの既存顧客から2つ目のリージョンを開設してほしいという要望があった。大阪GCPリージョンの開設で、ディザスターリカバリー(災害復旧)目的でもGCPを使いやすくなる」。Google Cloud事業でグローバルのトップを務めるトーマス・キュリアンCEO(最高経営責任者)は大阪GCPリージョン開設の経緯と意義をこう話した。

Google Cloudのトーマス・キュリアンCEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 関西地区の企業が大阪GCPリージョンを使うと、東京GCPリージョンを使う場合と比べて数ミリ秒程度のレイテンシー(遅延時間)の短縮を見込める。そのため、低遅延を要件とする用途にも適しているという。

 大阪GCPリージョンのサービスの品ぞろえは東京GCPリージョンはほぼ同じだ。データセンターのキャパシティーも同等であり、GCPの日本でのキャパシティーは倍増する。キュリアンCEOは「急増する日本の顧客数に応じて、キャパシティーを増やした。今後も投資を続ける」とした。

 顧客も大阪GCPリージョンを待ち望んでいたようだ。Google Cloud事業の阿部伸一日本代表は「既に日本企業から多くの引き合いがある」と話した。

Google Cloudの阿部伸一日本代表
[画像のクリックで拡大表示]

 阿部日本代表によれば、アサヒグループホールディングスはGCPのデータウエアハウスサービス「BigQuery」などを東京GCPリージョンで運用してきたが、今後は大阪GCPリージョンも活用し事業継続性を高めるという。京セラコミュニケーションシステム(KCCS)もIoT(インターネット・オブ・シングズ)ソリューションの提供で東京と大阪の両方のGCPリージョンを使って、サービス品質を高める方針だという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら