宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、研究開発を進めている小型無人航空機(ドローン、UAV:Unmanned Aerial Vehicle)の運航管理システム(UTM:Unmanned Aerial System Traffic Management)をテーマにした「第1回UTMシンポジウム」を2019年3月27日に開催し、研究成果や課題を説明した。このシンポジウムではJAXA航空技術部門次世代航空イノベーションハブ研究領域主幹の原田賢哉氏が講演し、UTMに関する研究の進捗や今後の取り組みなどについて紹介した。

JAXA航空技術部門次世代航空イノベーションハブ研究領域主幹(講演当時)の原田賢哉氏(撮影:赤坂麻実)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら