KDDIは2019年5月13日、6月1日から順次始める新料金プランを発表した。家族割引などを使えば1カ月のデータ通信量が1ギガバイト以下の場合、月額料金は1980円と従来プランよりも最大4割安くなる。NTTドコモ、ソフトバンクを含め携帯大手3社の最新プランが出そろった。

発表会に登壇したKDDIの東海林崇取締役執行役員専務コンシューマ事業本部長
[画像のクリックで拡大表示]

 「非常に頑張らせていただいた。他社には無いリースナブルな料金プランができた」。当日の発表会に登壇したKDDIの東海林崇取締役執行役員専務コンシューマ事業本部長は自信を見せた。

 同社が発表した新料金プランは3種類。データ通信の容量に応じて月額料金が変化する「新auピラットプラン」、毎月7ギガバイトまでのデータ通信と特定のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が使い放題になる「auフラットプラン7プラス」、データ通信量の上限を無くした「auデータMAXプラン」である。

 新auピラットプランとauフラットプラン7プラスは6月1日から、auデータMAXプランは7月中旬の開始を予定する。ほかにも家族3人以上で契約すれば月額料が1000円引きになる「家族割プラス」を10月1日に始める。

KDDIが発表した3種類の新料金プラン
[画像のクリックで拡大表示]

 新auピラットプランの月額料金はデータ通信量が1ギガバイト以下なら2980円、4ギガバイト以下なら4480円、7ギガバイト以下なら5980円だ。これに家族割プラスや、対象の固定回線との同時加入で通信料を割り引く「auスマートバリュー」を使えば月額料金は最安で1980円となる。

 auフラットプラン7プラスは毎月7ギガバイトのデータ通信に加えて、FacebookやInstagram、Twitter、携帯3社のメッセージングアプリ「+メッセージ」といったSNSが使い放題となる点が特徴だ。KDDIによればauスマートフォンを使う顧客のデータ利用量は1ギガ以上7ギガ未満が約半数を占める。この「中容量層に注目した」(東海林本部長)。割引後の最安値は3480円だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら