「来年(2020年)に投入する新しいグローバルモデルから(同社の新アーキテクチャーとなる)『ホンダアーキテクチャー』を採用する」――。ホンダ社長の八郷隆弘氏は2019年5月8日に開いた事業方針説明会でこう説明した(図1)。

図1 今後の事業方針を説明するホンダ社長の八郷隆弘氏
図1 今後の事業方針を説明するホンダ社長の八郷隆弘氏
2019年5月8日に開いた事業方針説明会で撮影。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダアーキテクチャーの考え方は、基本的にはトヨタ自動車の「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」と共通しているように見える。八郷氏の説明によれば、クルマのプラットフォームを部品共有領域とモデルの個性領域に分け、部品の共通化に加え開発工数の低減を図ろうというもので、「量産車の開発工数を30%削減し、(電動化や自動運転などの)先進領域に振り向ける」(同氏)ことを狙う(図2)。

図2 ホンダアーキテクチャーの基本概念
図2 ホンダアーキテクチャーの基本概念
クルマのプラットフォームを部品共有領域とモデルの個性領域に分け、部品の共通化と開発工数の低減を狙う。ホンダの説明資料を日経 xTECHが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 同氏は今回の説明会で、電動化には燃費の改善とゼロエミッション化という2つの側面があり、前者はハイブリッド車(HEV)を中心に、後者は電気自動車(EV)を中心に進めていく考えを示した。ホンダアーキテクチャーは、HEVやプラグインハイブリッド車(PHEV)への適用も視野に入れて開発したもので、燃費改善の要となる。もっとも、PHEVはあくまでもその補完的存在との位置づけで、主体はHEVとする。背後には、同社のPHEV「クラリティPHEV」の苦戦がある。

 一方、EVに対しては別のアーキテクチャー(プラットフォーム)の適用を想定している。同氏によれば、ホンダアーキテクチャーはEVへの適用を意識して開発したものではないようだ。実際、ホンダは「ジュネーブモーターショー2019」で世界初公開した小型EV「e」のプロトタイプ車でEV専用プラットフォームを採用している(図3)。

図3 ホンダの小型EV「e」のプロトタイプ車
図3 ホンダの小型EV「e」のプロトタイプ車
新開発のEV専用プラットフォームを使い、小型なボディーながらホイールベースを長くオーバーハングを短くして、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を両立させたとしている。写真:ホンダ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら