欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の日本法人であるFCAジャパンは2019年5月9日、小型のクロスオーバー車「Fiat 500X」の部分改良車を発表した(図1、図2)。

 同社の新世代エンジンの1.3L直列4気筒ターボエンジンを搭載したのが特徴。エクステリアのデザイン刷新や、装備の向上も施した。

 エントリーモデルの「500X」と、装備を充実した上位モデルの「500X Cross」の2タイプを、5月18日から発売する。

図1 「Fiat 500X」の新モデル
エントリーモデルの「500X」と、装備を充実させた上位モデルの「500X Cross」の2タイプを用意。写真は、上位モデルの「500X Cross」(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 500Xのインパネ
センターコンソールの上部に7インチのタッチパネル式モニターを配置(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジンはFCAの現行「ジープ・レネゲード」と同じ(図3)。最高出力は151ps、最大トルクは270N・m。1気筒当たり330ccとなるように燃焼室形状を見直して、燃焼効率を向上した。さらに、バルブを開けるタイミングや時間を油圧で制御する技術「マルチエア」の性能を改良。

 これらの改善により、性能や燃費を高めた。従来モデルに比べて最高出力は11ps、最大トルクは20N・m向上。燃費は、従来の1.4Lターボエンジンに比べて約10%向上した。

 駆動方式の種類はFF(前部エンジン・前輪駆動)のみ。従来モデルでは4輪駆動(4WD)タイプもあったが、「燃費が悪い」と顧客から不評だったことなどを受け、クロスオーバー車のデザインを優先。駆動方式を1種類に絞った。

 変速機は従来と同じ6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を搭載する。

図3 新型のエンジンを搭載
アルミ製の1.3L直列4気筒のマルチエア16バルブインタークーラー付きターボエンジンを搭載。従来の1.4Lターボエンジンに比べて約10%向上した(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら