板金を中心とした金属加工を手掛けるケーアイ工業(本社静岡県富士市)は、ビーコンを使ったユニークなシステムなどで工場内の作業の進捗や滞留を見える化し、生産性や稼働率の向上に取り組んでいる(図1)。本格的に導入効果が表れるのはこれからだが、「10%ほどの利益増を見込んでいる」(同社代表取締役の稲葉健次氏)。実際、2019年2月単月では、例年に比べて利益が30%ほど増えたという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1:ケーアイ工業
板金を中心とした一品一様の受注加工を得意とする。

 2018年8月から5カ年計画で開始した同社の見える化プロジェクトは、同年12月に第1弾となるシステムが稼働開始した。導入した見える化システムは大きく2つ。加工指示書の所在の見える化と、設備の稼働状況の見える化である。それぞれパナソニック ソリューションテクノロジー(PSTC、本社東京)の「Location Data Analyzer」と「設備データ見える化ソリューション」をベースに構築した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら