「お金の流通促進にこだわる。今、銀行が担っている役割をデジタルの世界で実現し、銀行以外の選択肢を提供する」。インターネットイニシアティブ(IIJ)を中心にメガバンクや大手証券、生損保、JR東日本、ヤマトホールディングスなどが出資するディーカレット代表取締役社長の時田一広氏は、こう意欲を見せる。

 ディーカレットは2019年3月に仮想通貨交換業者の登録を完了。同年4月に仮想通貨の交換サービスを始めた。2020年以降をめどに価格変動を抑えた「ステーブルコイン」の取り扱いにも乗り出し、お金の流通を巡る高度化を進めていく考えだ。

●ディーカレットの事業戦略
[画像のクリックで拡大表示]

 時田氏は2019年度を「ステージ1」と位置づける。この期間に「今の仮想通貨にできることに取り組み、可能性を探っていく」(時田氏)。

 4月に始めた定番とも言える仮想通貨の交換サービスに続き、6月末には複数の決済サービスと組み、仮想通貨を使ってチャージできるサービスを提供する予定だ。ディーカレットのユーザーが仮想通貨チャージを実行すると、同社が間に立って相当額の法定通貨を他の決済サービスに充当する。

 2019年内をめどに、仮想通貨と他社のポイントを交換できるサービスも提供する計画だ。既に仮想通貨を保有しているユーザーを中心に、決済領域での利用を体験してもらうことに重点を置く。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら