日産自動車は、直列4気筒で排気量2.5Lの新型自然吸気ガソリンエンジンに、樹脂製の吸気ポートを採用した。「世界初」(同社)と言え、エンジン燃焼時の吸気通路への熱伝達を抑えられる。吸入空気を増やして、出力を約1.5kW高めた。トヨタ自動車の2.5Lエンジンに匹敵する性能を実現する。

 北米の主力車種「アルティマ」の2019年モデルに搭載するエンジン「PR25DD」に、新しい吸気ポートを採用した。最高出力は、従来機「QR25DE」に比べて6kW増の140kWに達する。

 加えて、電動可変バルブタイミング(VVT)機構やクールドEGR(排ガス再循環)、直噴などを新しく採用し、燃費性能を高めた。新型機を搭載したアルティマのEPA燃費は、複合モードで1MPG(マイル/ガロン)増の32MPG(約13.6km/L)になった。

[画像のクリックで拡大表示]
アルティマの外観(出所:日産)

 アルティマと競合するトヨタ「カムリ」に採用する2.5Lエンジンと比べて、燃費性能はほとんど同じだが、最高出力は約8%劣った。

 トヨタの2.5L機は、「TNGA」と呼ぶ新プラットフォームの投入と併せて、エンジンブロックを含めて全面刷新した機種。一方で日産の2.5L機は、ブロックなどの基本構成は従来機を踏襲したとみられる。善戦してトヨタに近い性能水準にこぎ着けたが、上回るまでに至らなかった。

 なおアルティマでは2.5L機に加えて、画期的な可変圧縮比機構を採用したターボエンジン「KR20DDET」の搭載車種を用意する。先代のV型3.5Lエンジン搭載車の後継と位置付ける。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら