遺伝子検査の事業を行うジェネシスヘルスケア(東京・渋谷、佐藤バラン伊里代表取締役)は2019年4月25日に、個人の遺伝情報を活用したい企業と、遺伝情報を提供したい個人とを結ぶ新サービス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」を開始すると発表し、都内で記者会見を開催した。遺伝情報の第三者への提供を許諾した個人は、情報を提供する対価として商品と交換できるポイントを得る。

「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」の概要
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回開始するサービスの概要はこうだ。ジェネシスヘルスケアが手掛ける、一般消費者向け(Direct-to-Consumer:DTC)遺伝子検査「GeneLife(ジーンライフ)」シリーズを受けた利用者を対象とする。利用者は、専用のモバイルアプリで、自身の遺伝子検査の結果を確認できる。例えばDTC遺伝子検査「GeneLife Genesis2.0」では、利用者の約1400の遺伝子多型を解析し、疾患のリスクなどの結果を示す。

 今回のサービスでは、利用者がアプリ上で、自身の遺伝情報を企業や研究機関などに提供するかどうかを選択でき、提供を許諾する場合には、提供する情報や提供先の企業、団体を詳細に決める。情報を提供した利用者は、ジェネシスヘルスケアの公式ウェブサイトで商品に交換できるポイントを得る。同社は年内には、得たポイントを他のポイントプログラムにも交換できるようにする方針だ。ジェネシスヘルスケアは、企業と個人の遺伝情報を共有する取引に関して企業から手数料を得る。

アプリの画面イメージ
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]