NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社は2019年4月23日、携帯電話番号だけでやり取りできるメッセージングサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」の機能拡張を発表した。2019年5月以降に企業の公式アカウントの運用を始め、企業と利用者がメッセージをやり取りできるようにする。サービスの利便性を高めて先行するLINEに対抗する。

企業の公式アカウントには「認証済みマーク」が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 同日開催された発表会では、公式アカウントの利用例として金融機関における住所変更やレストランの予約、携帯電話会社の契約サポートなどを紹介した。企業の公式アカウントは携帯3社による審査を通過すると、認証を得たことを示す「認証済みマーク」がアカウントの横に表示される。

発表会に登壇したNTTドコモの森健一取締役常務執行役員スマートライフビジネス本部長(左)KDDIの東海林崇取締役執行役員専務商品・CS統括本部長(中央)、ソフトバンクの丹波廣寅テクノロジーユニットモバイル技術統括IoT技術企画本部本部長(右)
[画像のクリックで拡大表示]

普及は「まだまだ」

 +メッセージはSMS(ショート・メッセージ・サービス)の進化版とされ、2018年5月にスタートした。携帯電話番号だけで送り先を指定でき、テキストや動画、スタンプをやりとりできるのが特徴だ。3社は明言しないが、「打倒LINE」と目されるサービスだ。

 発表会では2019年4月時点の+メッセージ利用者数が3社合計で800万人と明かされた。3社の携帯電話の契約数はフィーチャーフォンを含め、合計で1億7000万件とされるため、十分に浸透しているとはいえない。

 KDDIの東海林崇取締役執行役員専務商品・CS統括本部長は「1年間で急速に増えているが、全体からするとまだまだ」と話す。今回の機能拡張をきっかけに利用者の拡大を狙いたい考えだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら