グーグル(米Google)が提供するクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」が、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの推進に大きく舵を切った。GCPとオンプレミス環境や他社クラウドの併用を容易にする狙いだ。

 Google Cloud カスタマーエンジニア 技術部長の佐藤聖規氏は「企業システムは複雑なので、1つのクラウドで管理するのは現実的ではない」とその理由を話す。これまで以上に企業ユーザーをGCPへ取り込もうと、従来の自社パブリッククラウド一本槍の姿勢を改め「ハイブリッドクラウドは正しい」(佐藤氏)という立ち位置から、戦略を練り直したわけだ。

 ハイブリッドクラウド実現の鍵を握るのが、GCPの年次イベント「Google Cloud Next '19」(4月9~11日に米サンフランシスコで開催)で提供開始が発表された「Anthos(アンソス)」である。

Google Cloud Next '19で発表された新機能やサービスの例
分野機能、サービス概要
アプリ開発 AnthosGKE(Google Kubernetes Engine)やAnthos Config Managementなどで構成するアプリの実行、管理環境
Anthos Migrate仮想マシンをGKEのコンテナへ自動で移行
Cloud Runコンテナを使ったフルマネージドのサーバーレス機能
機械学習、AI Document Understanding AI文書を分析し、気づきや洞察を提供
Retail Solution商品のレコメンデーション機能や商品画像の検索機能
AutoML Video Intelligenceビデオ映像を分析して分類
AutoML Vision EdgeGCPの外にあるエッジでの画像分類を可能に
AI Platform機械学習モデルの構築や実行、管理などを1つのインターフェースに統合
データベースCloud SQL for SQL ServerMicrosoft SQL Serverのフルマネージドサービス
オープンソース戦略的パートナーシップMongoDB、Neo4j、Redis Labsなど7社のOSSをGCPコンソールから提供

 Anthosの中心には、コンテナのオーケストレーターツール「Kubernetes」のマネージドサービス「Google Kubernetes Engine(GKE)」がある。これに、管理ツール「Anthos Config Management」やサービスメッシュ管理の「Istio」などを組み合わせ、アプリの実行、管理基盤を提供。GKE上のコンテナクラスターに対して「構成管理やポリシー管理などを可能にする」(佐藤氏)。

 Anthosはこれまで「Cloud Services Platform」という名称で開発してきたものを、一般提供(GA)のタイミングで名称変更した。また、仮想マシンをコンテナに自動変換する「Anthos Migrate」をラインナップに加えた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら