NTTやNTTデータなどのNTTグループは2019年4月18日、準天頂衛星「みちびき」に対応したドローン、人工知能(AI)などを利用した稲作の実証実験を開始すると発表した。水稲の育成状況の診断、病害虫の対処や予防といったテーマに取り組む計画だ。実施期間は2019年4月~2021年3月。

準天頂衛星「みちびき」に対応したドローンによるスマート農業の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験の開始に当たってNTTグループ8社に加え、産業用ドローンの製造などを手掛けるエンルート(埼玉県朝霞市)、農薬などを手掛ける日本農薬、JAふくしま未来(福島市)など7組織も協力する。稲作を実施する農場は福島県南相馬市原町区鶴谷地区で、アグリ鶴谷(福島県南相馬市)が提供する。

エンルートの産業用ドローン
[画像のクリックで拡大表示]

 同実験の主な目的は、就農人口の減少と地球温暖化への対応だ。熟練農業従事者でなくても農業を営めるようにすると共に、地球温暖化によって「栽培時期がズレたり、今までいなかった病害虫が発生したりする課題が生まれている。技術を用いて、農家の悩みに応えていきたい」(NTT技術企画部門イノベーション戦略担当の金井俊夫担当部長)。

 人手の確保が難しい被災地の福島県においては、農業を通じた復興支援にもつながる。準天頂衛星「みちびき」を利用した理由はGPSの誤差が出やすい日本各地の中山間地域でも今後対応できるようにするためである。

NTT技術企画部門イノベーション戦略担当の金井俊夫担当部長
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら