IoTがさまざまアプリケーションで広がると言われて久しい。しかし、当初期待されたようなスピードでは普及していないのが現状だ。普及を阻む要因の1つは、複数の企業の製品や技術、サービスを首尾よく組み合わせないと、有用なIoTシステムの構築が難しいことだ。膠着状態の打開に向けて、IoT提供サイドの企業は、パートナー企業と手を組むトライを行っている。

 このようなトライの例を、アナログ・デバイセズ(アナデバ)が「第8回IoT/M2M展【春】」(2019年4月10日~12日に東京ビッグサイトで開催)の同社ブースで複数見せた。IoTでの同社の主力製品は、IoTシステムの先端にある米Analog Devices, Inc.(ADI)製のセンサーやその後段のアナログICである。ただし、IoTシステムのユーザーは必ずしもセンサーやアナログ回路などの専門家とは限らない。そこで、アナデバでは、さまざまなパートナー企業と手を組み、同社の主力製品がIoTシステムに組み入れられるように努めている。今回のブースで、記者が見たADIのセンサーは次の2種類。24GHzのレーダーセンサー(24GHzマイクロ波受信IC)とMEMS加速度センサーである。

アナログ・デバイセズ(アナデバ)のブースで、24GHzレーダーセンサーの応用事例を紹介するコーナー。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]
アナログ・デバイセズ(アナデバ)のブースで、MEMS加速度センサーの応用事例を紹介するコーナー。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら