ロームは、1700V耐圧のSiC MOSFETを内蔵したAC-DCコンバーターを開発した(図1同社発表資料)。大電力を扱う汎用インバーターやACサーボ、産業用エアコン、街灯などの産業機器への搭載を狙う。「AC-DCコンバーターにSiC MOSFETを内蔵したのは世界で初めて」(同社)。主には、交流400V前後を入力し、数V~48Vといった直流電圧を出力する回路向けである(図2)。

図1 SiC搭載のAC-DCコンバーター
(写真:ローム)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 400V入力48V出力などのコンバーター向け
(図:ローム)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら